失敗しない歯ブラシの選び方、磨き方【迷ったらチェックしよう】

口臭を予防するのに歯みがきは絶対に欠かせませんが、歯ブラシ選びに迷ってしまうことはありませんか?

 

スーパーやドラッグストアに行くと、これでもかというくらいたくさんの歯ブラシが陳列されてますよね。

 

正直「どれを選べばいいのかわからない」ということも多いのではないでしょうか。
わからないので、何となく安いものを選んでしまうこともあるかもしれませんね。

 

もちろん、歯並びや口の大きさなど個人差があるので、絶対にこれというわけにはいかないですが、目安として選び方の基準をまとめてみました。
歯ブラシ選びにいつも迷ってしまうという場合は、参考にしてみてくださいね。

 

歯ブラシ選びのポイント

コップに入った2本の歯ブラシ

ヘッドが小さめ

ヘッドが大きいと、奥の方に入りづらくなります。入りにくくなればそれだけ奥歯などが磨きにくくなるので、小さめのヘッドがおすすめです。

 

形状はストレートなもの

ヘッドから柄の部分にかけて歪曲しているタイプもありますが、奥歯の後ろの磨き残しが起こりやすくなります。ストレートタイプの方が力を伝えやすいですね。

 

毛の部分は平らなもの

ギザギザタイプもあり歯間を磨きやすいといえば磨きやすいのですが、平らな方が力を均等にかけることができます。圧が均等な方が磨き残しも少なくなり、歯ぐきに不要な力でこすってしまうことも抑えることができるでしょう。

 

磨いて痛みを感じる硬さは選ばない

個人差が大きいとは思いますが、“かため”の歯ブラシは選ばない方がいいかもしれません。“ふつう”の方がプラークは落としやすくなりますが、痛みを感じては元も子もないので、その場合は“やわらかめ”を選んでみましょう。

 

毛先が細いもの

好みはあると思いますが、毛先が細く密集しているタイプの方が、歯間や歯周ポケットの汚れをかき出しやすくなります。

 

 

好きな使い心地などもあると思いますが、迷った時の参考にしてみてください。

 

ブラッシングのポイント

3本の歯ブラシとDENTALの文字

 

歯みがきをする際は、いくつかのポイントがあります。

 

  • ペンを持つように握る
  • 軽めの力でブラッシングする
  • 1本1本丁寧に磨く
  • さまざまな角度から磨く

 

ペンを持つように握ることで不要な力が入らなくなります。
強い力でこすらないよう気をつけましょう。

 

何本も一変にブラッシングすると、それだけ汚れが落ちにくくなります。1本1本小刻みに動かし、角度を変えて丁寧に磨いていきましょう。

 

正直かなり面倒なので、毎回の歯みがきで行うのはきついかもしれません。
それでも、1日1回は丁寧は歯みがきができるよう頑張ってみたいですね。

 

どうしても集中できない場合は、テレビを見ながらでもいいと思います。
ただし、意識としては、歯みがき7、テレビ3くらいの割合で、あくまで歯みがきに意識を集中するよう気をつけていきましょう。

 

歯ブラシは長く使い続けると不衛生になるので、1ヶ月を目安に交換しましょう。
また、ヘッドから見て開いた毛が見えるようであれば、早めに交換した方がいいですね。