口臭の原因、虫歯や歯周病がキスでうつるのは本当?

虫歯や歯周病は本当に嫌なものですよね。

 

歯の健康が損なわれるのはもちろん、口臭の原因にもなります。

 

この虫歯や歯周病、もしも家族や恋人にうつるなんてことがあったら気が気ではないですが、実際のところどうなのでしょうか?

 

虫歯菌、歯周病菌はキスでうつる?

 

結論からいうと、虫歯菌、歯周病菌がうつるのは事実です。

 

空気感染することはありませんが、キスや口移しでうつってしまうんですね。

 

特に、現在進行形で赤ちゃんを育てている場合は要注意。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口内には、虫歯菌や歯周病菌は存在しないといわれています。

 

ところが、育児の過程で、赤ちゃんにキスをしたり、口移しで物を食べさせてあげたりすると、大人の唾液に含まれる虫歯菌や歯周病菌が赤ちゃんの口内へと送り込まれてしまうんですね。

 

そして、そのまま口の中に定着してしまうと、将来的に虫歯や歯周病になりやすいといわれています。

 

赤ちゃんに愛情を注いでいるばかりに、そんなことになってしまっては何ともやるせない気持ちになってしまいますね。

 

もちろん、ご両親共に虫歯も歯周病もなく健康な場合は、そこまで心配しなくてもいいかもしれません。

 

気になる場合や、ご両親に虫歯や歯周病がある場合は、キスや口移しはもちろん、同じ食器を使ったり、箸やスプーンの共有も控えた方がいいでしょう。

 

キスもダメ、箸やスプーンも別々となると、なんだか寂しい気持ちになってしまうかもしれませんが、抱き寄せてあげたり、いつも以上に話しかけてあげたりなど、別の形でスキンシップを取るようにしていきましょう。

 

恋人同士、夫婦同士の場合は?

 

それでは、大人同士、恋人同士のスキンシップではどうなるのでしょうか?

 

もしも、いずれか一方に虫歯や歯周病がある場合は、キスなどで菌をうつしてしまうことが考えられます。

 

その結果、口臭がきつくなってしまうことも可能性としてあり得るんですね。

 

では、キスも何もしない方がいいのかというと、さすがにそこまでいってしまうとあまりに潔癖すぎますよね。

 

人の体にはあらゆる菌が常駐していますが、口腔内にもたくさんの菌がいます。唾液の中には乳酸菌がいたりするんですね。

 

仮に虫歯菌や歯周病菌がうつっても、すぐに悪さをするわけではありません。
菌を増殖することで炎症を起こします。
そして、いわゆるプラーク(歯垢)を形作ります。

 

このプラーク、便よりも細菌濃度が濃いといわれているくらいなので、とてつもなく汚いことがわかるのではないでしょうか。

 

そして、プラークが虫歯や歯周病を引き起こすわけです。

 

口腔ケアをきちんと行おう

 

憎きプラーク、なんとかしたいですよね。
プラークができてしまうのは菌が増殖するから。
つまりは、菌が増殖しないように適切な口腔ケアを行えば、特に問題はないんですね。

 

そのため、何が何でも菌をなくすというよりは、菌を増殖させないように口腔ケアをきちんと行うということが大事になります。

 

もちろん、大切なパートナーに菌をうつしたくはないですよね。

 

もしも、現在虫歯があるのであれば、歯科医院に行ってしっかり治療をしましょう。

 

そして、虫歯予防、歯周病予防に歯みがきも忘れずに行っていきましょう。

 

自分だけではなく、パートナーを守ることになるわけですから、さぼるわけにはいかないですよね。

 

参照:https://dot.asahi.com/wa/2018092100073.html?page=2