スマホのしすぎが口臭を悪化させるって本当?

スマホイメージ

スマホは、現代社会で欠かせないツールになっていますね。

 

家にいても、外出していても、どこでも情報を引き出せるスマホ。
あなたも、常にスマホの画面とにらめっこしているということが多いかもしれませんね。

 

ただ、このスマホも、やり過ぎは口臭の原因になりかねないので注意が必要です。

 

「スマホをいじると口が臭くなるなんてそんなバカな」

 

あなたはそんな風に思われるかもしれません。
その疑問はもっともですよね。

 

スマホでは、ネットサーフィンをしたり、SNSをチェックしたり、ゲームをしたり、さまざまなことを行うことができますが、これらはリラックスしているというよりは集中している状態です。

 

集中していると交感神経が優位になります。

 

交感神経が優位になると、口内の唾液の量が少なくなり、口の中が乾きやすくなります。
口内が乾くと口臭が発生しやすくなるというメカニズムです。

 

この他にも、スマホの画面からは絶えずブルーライトが発光されているので、これも交感神経を刺激する一因になります。

 

また、スマホをいじることで周囲の人との会話が減ります。すると口内の唾液分泌量が少なくなり、口臭を引き起こすこともあり得ます。

 

このように、スマホを使いすぎると、さまざまな問題点が浮上してくるわけですね。

 

上記以外にも、まだあります。

 

スマホを使う時は、目線を下に向けてうつむき加減になりますが、この姿勢だと、耳のそばにある耳下腺やアゴにある顎下腺といった唾液腺が圧迫されます。
そうすると、やはり唾液が減ってしまうんですね。

 

また、スマホの使いすぎで猫背になり、ハッと気がつくと口が半開きになっていることはありませんか?
口が半開きになれば当然口内は乾いてしまいますよね。
やはり口臭の原因になってしまいます。

 

あまりにたくさんありすぎてめまいがしそうですね。

 

簡単にまとめると、

 

  • スマホの使いすぎに注意
  • スマホを使う時は姿勢を正しくする

 

以上を気をつけるようにしましょう。

 

また、副交感神経を優位にしてリラックスすることで、口臭予防になります。

 

  • 好きな音楽を聴いてまったりとした時間を過ごす。
  • ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かる
  • アロマの香りで癒しのひとときを満喫する

 

といったこともいいですよね。

 

現代社会はストレス社会。

 

常日頃からストレスにさらされ、気の休まることがないということもあるかもしれません。
疲れも溜まってしまいますよね。

 

一気に改善することは難しいですが、少しずつリラックスできる時間を増やしていきたいですね。